会社案内


ご挨拶

代表取締役 本村義人

代表取締役 本村 義人

  当社がスプレー工法を始めたのは33年前、当時シート防水やアスファルト防水が主流でメーカー自体もまだ不安視されている中、機械化による品質向上・工期短縮をめざし、2,000万をかけスタートしました。

 当初は限られた工法と材料のなか、未硬化となりめくってはやり直すなど試行錯誤の連続・・・安心して仕事ができるのに2年を要しました。

 現在は、スプレーシステムを10台、塗装ロボットを3台保有するなど装備を拡充、また熟練した施工技術を基に、新たに開発された様々な工法での施工実績を築き  “超速硬化スプレー工法のプロフェショナルカンパニー”  として、

全国に活動を展開しております。

 

 メーカー・工業会の優れた防水製品や工法も、適切な施工技術が必要となります。

 人と装備への投資を適切に管理し、安心・安全な施工技術の更なる向上を行い、オンリーワンの防水・防食カンパニーを目指します。

 


経営方針

「防水・防食の施工技術により、ストック型社会に貢献」

 

住宅や橋・道路などの社会インフラを長持ちさせ、価値ある社会資産を長期的に蓄積するストック型社会。何度も作り直すムダを省き、環境に対する負荷も減少させる持続可能な社会資産蓄積が求められています。

 

弊社は、構造物の高耐久・長寿命化の命題に、高品質な防水・防食の施工技術により貢献します。さらには、各種工業会との連携により環境保護や安心安全など、新たな価値の創造に尽力します。